木の芽月舍プロフィール

高森春恵/Harue Takamori グラフィックデザイナー・イラストレーター・造形作家
デザイン・制作 編集 出版 イラスト 布・紙のオリジナル品制作

出版物のご案内

 

レトロで古いものや和の世界が好き。
このサイトでは、自分の好きなものの世界をWEB雑誌ふうに視覚的読み物としてひたすら積み上げ中。
江戸時代が好きなため、頭の中はほぼ鎖国中。
最近の趣味は三味線。

冊子が好き
宣伝用の数ページの小冊子が好き。
和菓子屋さんに置いてある美しいしおりや、観光情報の載ったしゃれたご当地パンフなども好き。
思わず手にとって持ち帰り、ずっととっておきたくなるようなものに感心する。

箱が好き
和紙や千代紙、包装紙など紙そのものも好きだし、文房具や本、紙の箱・・・紙で出来ているものは全部好き。
特に和菓子の紙の箱などは魅力的。捨てずにとっておきいろいろな入れ物に利用している。
きれいに箱に詰められたものの美しさは最高である。
箱にきちんとパッケージされてこそ、そのものが一番美しく輝く姿である。
料理は嫌いだが、お弁当作りだけは楽しいと感じるのも、きっと箱が好きだからだろう。

布が好き
さしずめ布は折り目の出来ない紙、水に濡れても大丈夫な紙、収縮性のある紙といったところ。
布の立体は、たとえ縫い目があってもそれは一体成形の彫刻物。
削って減らしてシンプルな形を目指している。

小さい物が好き
小鳥や金魚・小さいものが好き。
特に、小さいものがすごくたくさんあるという状況が好きだ。
ぎっしり箱に詰まっていたり、ずらりと並んでいたりする様子が好き。

記録が好き
私は記録を残すのが好きである。
体験したことをまとめ、読み物のように写真と一緒に見せながら記録するのが好きである。
どんなものでも、事柄でも、断片的な要素をまとめ、文章や画像を交えながら魅力的な内容にして見せたいと思ってしまう。
最近は、何を見てもそうしたくなってしまう。
それを何かのメディアに記録し公開する。
誰からも、何も頼まれてないのに、勝手に何でも記事にする。
名づけて「勝手に通信社」を妄想中。


記憶や記録が断片的にあちこち散らばったままでいるのはつまらない。
記録の公開は自分が生きていた証拠だ。


横浜美術短期大学グラフィックデザインコース卒
日立マクセル株式会社宣伝部退社 以降フリーで活動

世田谷区出身 関東圏を転々と住み暮らし、現在しょうゆのまち野田市(千葉県)に住んでいます

サイト運営は、2000年10月01日から始めました
初代サイトは作品の写真中心の拙いサイトでした
まだ、ブログやSNSなどなかった時代
4〜5年に一度、内容やデザインを大幅リニューアルしながら五代目サイトまで来ました
2011年にサイトコンセプトを一新、現在六代目サイトを運営中です

主な活動記録

2019年8月 FUJISAN-KINGYO accommodation「富士山金魚」(富士i河口湖町)布製品担当
2019年5月 サーバー移管&サイトリニューアル
2019年2月 HPサイトにて、ボテキン節気綴り完結(2018年2月より開始)
2017年1月 「木綿のことり」出版記念作品展 銀座スズメ劇場 月光荘画材店画室1(銀座)
2017年1月 自著「木綿のことり」出版
2017年11月 出版社 木の芽月舍創設
2016年12月 HPサイトにて、ボテキンカレンダー12話完結(2016年1月より開始)
2015年5月 HPサイトにて、ボテキンパラダイスかわら版100話完結(2011年5月より開始)
2011年7月 がまツーリズム展示「ボテキン楼」(埼玉県杉戸町)
2011年6月 絵本編集 「はじめましてピーちゃん」エンドウキヨシ
2006年4月 インスタレーション参加 20の小屋美術館「すずめのおやど」アンデルセン公園子ども美術館
2006年3月 インスタレーション 金魚屋珈琲店三号店 ギャラリー我家我家(茨城県旧玉造町)
2005年11月 個展 おでかけお嬢さん 木土水ギャラリー(越谷市)
2005年9月 インスタレーション 金魚屋珈琲店二号店 (山梨県旧須玉町旧江草小学校)
2004年11月 インスタレーション 金魚屋珈琲店一号店 ティトス・スプリー宅(墨田区向島
2004年5月 個展 額縁のお嬢さん ギャラリーゑいじう(新宿)
2001年1月 個展 私のテディベア展 TEPCOギャラリー(つくば市)
1998年11月 個展 Teddy Bear Fair Mocha house(水戸市)
1997年11月 個展 テディベア展 Mocha house(水戸市)
1996年12月 個展 テディベアのクリスマス TEPCOギャラリー(つくば市)
1996年1月 個展 高森春恵イラスト展 TEPCOギャラリー(つくば市)
1993年11月 個展 高森春恵展 六本木ARTBOXギャラリー


ブログ「ボテキンと木の芽月舍の相部屋」ほぼ毎日更新中

 



2005年〜2011年 越谷市街作りワークシップ「空のある街」に参加
ワークショップ記録は↓下記アイコンからどうぞ




Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.